So-net無料ブログ作成

MSCプレチオーサで巡る地中海クルーズ9日間の旅 ジェノバ [クルーズ]

MSCプレチオーサで巡る地中海クルーズ9日間の旅

4月14日羽田空港〜15日バルセロナ〜16日マルセイユ〜17日ジェノバ〜18日チビタベッキア
〜19日クルーズ〜20日パルマデマヨルカ〜21日バルセロナ〜22日成田空港

4月17日ジェノバ編

この船は2013年に就航しており、どこもピカピカ。
私たち夫婦が泊まったのは、バルコニー付きキャビン、この船の約8割がこのタイプの客室です。
AT-10.jpg

バスタブはありません、シャワーのみです、バスタブ付きはスイート以上なのです。
AT-11.jpg


今日はエクスカーションを利用せず、船内で知り合った人達と、ジェノバの散策です。
水族館の前に帆船が飾ってありました。
AT-15.jpg


ガルバルディー通り
AT-17.jpg

ガルバルディー通りにあったブテック
前にお話ししたロストバッゲージの方は、この時点でまだスーツケースが届いていませんでした。
その為、船内での服装をこのブテックで調達したのであります、その後、又悲劇が待ってました。
AT-16.jpg


サン・ロレンツォ大聖堂
AT-18.jpg


フェラーリ広場
AT-19.jpg


スリには気を付ていたのですが、油断しました、スリ集団が待っていました。
多分写真の中に犯人グループがいるはずです。
AT-13.jpg


町の中は出来るだけ、集団行動をして気を付けていました。
船に戻るターミナルのそばに来て、気が緩んだのです、乳母車を引いた集団が歩道を塞いでいました
私は歩道から出て車道を歩き事なきを得ましたが、写真の人のリュックが、歩道で込みあったスキに
リュックを開けられたのです、中に入っていた財布20万円ごと取られてしまったのです。
なぜそんなに、お金を持っていたかと言うとあのロストバッゲージの方で、服を調達する目的があったのです。
AT-14.jpg


何かとても気の毒な想いでした。
AT-21.jpg





nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

MSCプレチオーサで巡る地中海クルーズ9日間の旅 マルセイユ [クルーズ]

MSCプレチオーサで巡る地中海クルーズ9日間の旅

4月14日羽田空港〜15日バルセロナ〜16日マルセイユ〜17日ジェノバ〜18日チビタベッキア
〜19日クルーズ〜20日パルマデマヨルカ〜21日バルセロナ〜22日成田空港

4月16日マルセイユ編

MSCプレチオーサの説明、総トン数139,000トン、就航2013年3月、乗客4,300人
A-16.jpg

一言で表せば「きらびやか」
AB-21.jpg

スワロフスキーのクリスタルが敷き詰められた階段まであって、何処もキラキラしています。
AB-20.jpg


バルセロナを出発し2日目マルセイユに到着
マルセイユから車で30分、エクサンプロバンスの観光です。
セザンヌの生家、この場所の絵を描いています。
AB-10.jpg


サンソブール大聖堂
地元人の葬儀があり中に入れませんでした。
AB-12.jpg

地元の市場
AB-13.jpg

市場の前にあるフランスの有名なお菓子屋さんです。
このクッキーはおすすめ、店員が試供品のクッキーを気前よくどんどん食べさせてくれました。
AB-15.jpg

AB-14.jpg

ミラボー大通りのカフェ、セザンヌやピカソも通ったそうです。
AB-16.jpg

AB-18.jpg

セザンヌの像
AB-19.jpg

最後にスリにご用心
私たちの一団に屈強な2人組が、寄り添うように付いてくるのです、ガイド曰くあれはスリだから気を付けろと。
女房はのんびり列の後ろで物見ゆさん
それにピッタリ2人組、慌てて女房を列の先頭へ引き込んだのです、この経験が後で役立ちました。
AB-17.jpg



nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

MSCプレチオーサで巡る地中海クルーズ9日間の旅 [クルーズ]

MSCプレチオーサで巡る地中海クルーズ9日間の旅

4月14日羽田空港〜15日バルセロナ〜16日マルセイユ〜17日ジェノバ〜18日チビタベッキア
〜19日クルーズ〜20日パルマデマヨルカ〜21日バルセロナ〜22日成田空港

4月14日羽田空港〜4月15日バルセロナ編

羽田空港発、00:30発、カタール航空813便
17時まで仕事をし、日本橋にある会社から羽田に直行です、女房とは羽田で待ち合わせ、スーツケースは自宅から空港宅配サービス、QLラーナーを使いました。

実際は早まって00:15に出発

とまーここまでははぼ順調でした。
A-10.jpg

羽田から約13時間でトランジット(乗り継ぎ)のドーハ、ハマド国際空港に到着。
A-18.jpg


隣りに日本で仕事をしているイタリア人と親しくなりました。
ミラノに4日間里帰りし、すぐ日本に戻って仕事だそうで、大変だなんて片言の日本語で話していたら、ドーハに近ずくに従って慌てた様子。

よく見たらトランジットの時間は到着前に過ぎてしまっているではありませんか、もともとトランジットは1時間しかありません。
A-12.jpg

ハマド国際空港に到着、案内板には乗り継ぎ便の表示はありません。
慌てて案内係に聞くとA10ゲートまで急げ、他の案内係は走れ走れ。
そのゲートがまた一番端っこでなんです、汗だくで走りました、我々が最後で乗ってすぐに離陸、我々が乗るまで出発を遅らせ、待ってくれていたのでした。

まだ、7時間のフライトが待っています。

トランジットで慌てましたが、カタール航空に乗って良かったのです、理由は次に。
A-11.jpg

バルセロナ空港では我々、「カタール航空」組と別の航空会社からの参加メンバーと合流です。

カタール航空組は順調に到着、別の航空会社組と一緒のバスで出発する予定でしたが、一部の人が待てど暮らせど降りてくる様子がありません。

その後、旅行社にツアー客から連絡があり、ロストバッゲージ(トランクが行方不明)があったのです、しかも二組もです。

一組の方とは船で親しくなったので、その後のことは後述しますが、船旅で着るものが無いのは致命的、今回無くなったのが奥さんの分で、気の毒でした。
A-17.jpg


バルセロナ18:00出航 地中海クルーズの始まりです。
まだまだ色んな出来事がありました。
A-13.jpg



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

入間航空祭 [写真]

航空自衛隊入間基地の航空祭
11月3日、我が地元、入間基地の航空祭
天気快晴で大変な人出でした。

DA-10.jpg
DA-11.jpg
DA-13.jpg
DA-14.jpg
DA-15.jpg
DA-16.jpg
DA-17.jpg
DA-18.jpg
DA-19.jpg
DA-20.jpg



日和田山 [登山]

日和田山(ひわださん)標高305m、途中に物見山、標高375m
もう一つ、高指山332mがありますがそこは、現在山頂に入れません、三つの300m級の山が連なっています。
登山と言うより、ピクニックと言った方がぴったりの山です。
高麗の巾着田はコスモス祭りとなってました、巾着田は彼岸花の曼珠沙華で有名ですが、花は先月まででした、入口で係りの人が全部枯れましたよと、ちょっと残念遅かった。

西武池袋線武蔵横手駅から高麗駅までの縦走、歩行時間約4時間、2万歩の行程です。

五常の滝
DC-10.jpg


物見山と周辺の景色
DC-12.jpg
DC-13.jpg
DC-14.jpg


日和田山と周辺の様子
DC-16.jpg
DC-17.jpg
DC-18.jpg


巾着田とコスモス
曼珠沙華はもう枯れてしまってました、最初の花は曼珠沙華と交配して作った花だそうです。
DC-20.jpg

DC-21.jpg
DC-22.jpg
DC-24.jpg
DC-23.jpg



棒の折山(棒の嶺) [登山]

棒の折山(棒の嶺)
前回の蓼科山は日本百名山ですが、棒の折山は関東百名山の山
標高969m、奥武蔵の山です。
棒の折れる山ではなくて、骨の折れる山でした。
侮ってました、女房と二人ピクニック気分で出かけましたが、蓼科山ほでではないにしろ、鎖場ありロープありと結構きつい山でした。
麓の天然日帰り温泉は、登山帰りの人でいっぱい入れませんでした、昨日までそんな事は無かったそうです、今日(22日)は登山客が特別多かったようです。

昔の名栗村、現在は飯能市に編入されました。

名栗湖の有間ダム
SC-10.jpg


白谷沢、沢を登るルートで、上手に石ころを登らないと大変です、スニカーで来てる人や、幼い子連れのハイカーはここで登頂を断念してます。
SC-11.jpg


ゴンジリ峠、もうすぐ山頂
SC-12.jpg


山頂です、けっこ人が出てました。
SC-13.jpg

SC-14.jpg


日光白根山、赤城山方面です、どれがそうかちょっと分りませんが。
SC-15.jpg

SC-16.jpg


山は秋景色、帰りは滝の平、尾根づたいのルートです。
SC-22.jpg

SC-17.jpg

SC-20.jpg

SC-18.jpg


麓の名栗川
SC-21.jpg



横田基地、日米友好祭(2) [写真]

横田基地、日米友好祭の展示飛行機

F-16戦闘機、自衛隊機と米軍機
ST-15.jpg
ST-16.jpg


戦略輸送機C-17グローブマスター
ST-12.jpg


早期警戒管制機E-3
ST-13.jpg


自衛隊の輸送機C-130ハーキュリーズ
ST-11.jpg


攻撃機A-10サンダーボルト
ST-17.jpg


ご存じオスプレイ
ST-20.jpg


自衛隊のエアバスA320
ST-14.jpg


懐かしのYS-11、自衛隊ではまだ現役です
ST-18.jpg


最後にカッコいいテンガロンハットのお兄さん
ST-19.jpg


もし機種名が違っていたら教えてください。



横田基地、日米友好祭(1) [写真]

横田基地、日米友好祭(1)
19日と20日の二日間、米軍横田基地を開放して行われます、写真は19日(土)の模様です、天気は快晴、すごい人出です。
自衛隊の入間基地はブルーインパルスとか、実際の飛行機が飛んでデモンストレーションを行いますが、こちらは飛行機を展示してあるだけです。
横田基地の楽しみはなんと言っても食べ物、アメリカ産のビールを飲みながら分厚いステーキ、特大のスペアリブそしてハンバーガーをいただくのが最高です。
次回その2あり
TY-19.jpg

TY-11.jpg

TY-12.jpg

TY-14.jpg

TY-15.jpg

TY-17.jpg

TY-16.jpg

TY-18.jpg

TY-20.jpg






お江戸日本橋 [写真]

山からいきなり日本橋です
三越の裏に日本銀行、普通の人は入れませんよ、前はコレド日本橋ここはおすすめ
日本橋のたもとから遊覧船、いいですよ。
ニューヨークの摩天楼みたいな景色です。

00360004.JPG

00370001.JPG

00380006.JPG

00410008.JPG

00420006.JPG

00430005.JPG

00440002.JPG





車山・霧ヶ峰 [登山]

前日登った蓼科山と共に車山・霧ヶ峰は、日本百名山の山です。
車山は標高1,925m
残念ながら天気は前日より悪く、車山山頂に到達したころから、霧が立ち込め次第に雨となりました。

車山方面から見た蓼科山です
T-19.jpg


車山は、冬はスキー場でいたるところがゲレンデ、その脇が登山道となっています
K-11.jpg
K-12.jpg


ニッコウキスゲで有名な所ですが、時期は過ぎており写真の花はニッコウキスゲではありません
(なんと言う花かお分かりの方があれば教えてください)
近年シカの食害があり電気柵で囲まれ近寄れないようになっています
K-13.jpg


車山の頂上までリフトで登れます(往復1,600円)
沢山の人がリフトで登ってきますが、軽装のカップルや赤ちゃんを抱いた若夫婦など、こちらが心配になります、当時山頂付近は、雨で風も強くそして寒かったですから
K-14.jpg
K-15.jpg
K-16.jpg


そこから霧ヶ峰までは80分少々です
残念ながら雨と濃霧、名前の由来の通り、雲の通り道で霧が出て数メートル先も見えなくなってしまいました、そんな訳で霧ヶ峰までの縦走は諦め、引き返したのであります

恥ずかしなが私の写真
K-17.jpg