So-net無料ブログ作成
検索選択

気軽にショートクルーズ、行ってきました。その4 [クルーズ]

日本を代表するクルーズ船と言えば、飛鳥Ⅱでしょう。
飛鳥Ⅱは5万トンですが、世界の主流は10万トンを超えています、もちろん飛鳥Ⅱ級もたくさん運航しています。

飛鳥Ⅱは日本のクルーズに貢献していますが、決して一般大衆向けの船では無いと思います。
言い方は失礼かもしれませんが、それは一部の高額所得者向けのであり、大衆を相手にしている訳ではありません。
この船の会員の方を知っていますが、ある有名企業のオーナーの方で、一航海でマンションが買える金額を支払います、つまりその様な人向けの船なのです。(ショートクルーズの低額料金設定もあります)

船旅を一般的にしたのは日本を母港とした外国船で、船旅を随分身近なものにしてくれました、しかしそれは大分苦戦しています、まだまだ日本では船旅が敬遠されているからです。

XP-11.jpg


船旅の良さは、なんといってもあちこち移動の度に、旅行カバンを持ち運びする必要がないこと、ホテルが移動しているようなものです。
その為、時間がゆったりと進むことです、レストラン、劇場、エンターテイメント、ショッピングまで何でも揃っています。

XP-16.jpg


サンライズ、サンセットいいえそれだけではありません、ちょっと外を覗くと、夜中の海に漁火までみえます。

XP-10.jpg


船旅の良さは出会いがあることです。
今回ダイヤモンド・プリンセスではツアー(エスカージョン)でイタリア人家族9人と一緒になりました、英語のツアーもあるのですが、そのイタリア人は英語が全く話せず、我々の日本語ツアーバスに乗り込んできたのです。

XP-14.jpg


当然身振り手振りです、はじめは集合時間などの不安があっったのですが、ちゃんと時間に集合し遅れたのは日本人の方でした。
やれ写真のシャッター押してくれ、私の撮り方がいいとおだてられ何回も写真を撮るはめになりました。

食事が隣どうしでそこでも大変、写真はその時の様子、残念ながら鮮明な画像はおみせできません。
XP-19.jpg


エンターテイメントも一流のものです、世界中のオーデションから選ばれてきた人たちですから。

XP-15.jpg



私の仕事場所 第2弾 [写真]

今回は都内の駅でも、メジャーな駅ではありません。
どことなく身近な駅、小規模でもなくさりとて大規模な駅でもない身近な駅です。

学芸大学
DSC_0296.JPG


高幡不動
00300006.JPG


王子
DSC_0293.JPG


東小金井
DSC_0299.JPG


綾瀬
DSC_0322.JPG


中目黒
DSC_0342.JPG



気軽にショートクルーズ、行ってきました。その3 [クルーズ]

船のインターネットサービスは通信衛星、インマルサットを使います、ですから料金がかかります。
船ではどこでもWi-Fiに接続出来ます、しかしその先のインターネットには設定ししなければなりません。
料金は$3.95が手数料(約470円)通信料1分につき$0.79(120円)100分$69(8,300円)
200分$99(12,000円)こんなかんじで、その都度1分ごとにするか100分にするか選ぶわけです。
もちろん私は1分刻みで15分程度(1,800円)しか使用しませんでした、自宅に残っている家族や友達とのメールのやり取りはとても重宝します、気軽に電話とはいきませんから。

PA-18.jpg


その都度、ログイン・ログアウを行っていればOKなはずなのですが、なにせ書かれている内容は全部英語なのです。

PA-12.jpg


プールバーで酒を飲みながら、写真でも撮ろうと私のタブレットを見たとき、動いているのです。
つまりネットにつながっているのです、ヒエー!

PA-13.jpg


確か最初に使った後からもう3時間は経っています、180分×$0.79、(約17,000円)青くなりました、女房をその場に残して、インターネットカフェへ直行です。

PA-14.jpg


ログアウトし忘れ、帰国の時に請求書を見て大騒ぎとなる人がいるそうです、私も納得です。

PA-15.jpg


結論は取り越し苦労でした、ちゃんと15分のままでした。
この船は日本近海を航行しているので、結構山の頂上からの電波が入ってくるのです、そうですたまたまその時、電波を受信してたんです。

PA-17.jpg


そを云う訳で、それ以来ネットはそれで終了、日本の地を踏むまで使用しませんでした。

PA-11.jpg


船旅は色んな人との出会いがあります、言葉が通じないひとでも楽しい出会いがあります、次回はその出会いをお話します。


気軽にショートクルーズ、行ってきました。その2 [クルーズ]

まず私が何故、ダイヤモンドプリンセスに乗ったか、そしてこれからもずっと応援したいと思っているか、そのお話からします。
そもそも、日本を起点としたプリンセス・クルーズはもう一隻、サン・プリンセスの2隻体制となるはずでした、しかし去年サン・プリンセスは採算性の問題から撤退、現在ダイヤモンド・プリンスのみの就航となっているのです。

前にも言いましたが、クルーズ・船旅がまだまだ日本には定着していないのが原因です。
その原因の一つに飛鳥Ⅱをはじめとする、日本船の値段の高さです、日本船を良く利用される方を知っています、会社のオーナーで我々庶民とはかけ離れた生活をしている方です。

そう云う人向け、と云う訳ではないでしょうが、少なくとも二ケタは違う料金を払える人はごく少数でしょう。
これまで日本では、船旅が庶民とかけ離れた、一部の金持ちの為のものだったのです。

DP-18.jpg

DP-23.jpg

DP-22.jpg

DP-21.jpg

DP-24.jpg

DP-20.jpg



プリンセス・クルーズはカーニバル・クルーズ社の所有で世界最大のクルーズ会社です。
とてもリーズナブルで世界中を運航拠点にしているクルーズ会社です、その会社が日本を起点とした定期就航を行っている唯一の外国籍の会社で(チャーター船は数多くあります)、我々庶民の手に届く船旅を提供してくれます。
しかもどこかの日本船と同等かそれ以上の設備とサービスを提供してくれています、まだまだ日本は船旅が一般に定着している訳ではありません。
おそらくダイヤモンド・プリンセスも欧米ほどの乗船率を確保しているとは思えません。
ですから皆さんに船旅の良さを伝え、利用してもらいたいのです、がんばれダイヤモンド・プリンセス!



気軽にショートクルーズ、行ってきました。その1 [クルーズ]

今朝、ダイヤモンドプリンセス、「気軽にショートクルーズ長崎と釜山6日間」から帰ってきました。
釜山、上陸して来ました、多分マーズには罹っていないと思いますけど。
この時期長崎に行けたのは、ラッキーでした、世界遺産登録で長崎は、どこも喜んでいます。
私も、長崎造船所とグラバー邸を見れて良かった、残念なのは軍艦島を見れなかったことです、超が付く人気で近寄ることさえ出来ませんでした。

1日目の様子です、出航は雨でした。
DP-10.jpg

DA-11.jpg

DA-10.jpg

DP-11.jpg


隣に「ぱしひぃっくびいなす」が見えます、同じ日に出航しました。
DP-12.jpg


DP-16.jpg

DP-17.jpg


日本のクルーズ人口は徐々に増えてきたとは云え、諸外国から比べまだまだ少ないのが現状です。
友達に船旅を勧めると、船はどうも、と云う人が多いのが現状です。
私のブログが少しでも、船旅の良さ、素晴らしさを伝えられたと思います、次回続きます。